どうもさくです。

セミリタイアに持ち家は必要?

今日はマイホーム(持ち家)についてです。セミリタイアをしたい場合に所有しないほうが良いもの。これは、保険、持ち家、自動車など所有することが当たり前とされるもの。この、所有という概念から離れることから始めるとセミリタイアは近づいてくることになります。まずは、持ち家と賃貸の違いについて検討しましょう。


基本的に持ち家のメリットはあまり大きくありません。



メリットの一つ目としては、所有しているために、マンションなり一戸建ての内装などに自由度が高まることです。所有しているメリットは、好きな時にリノベーションしたりして、家族構成や時代の変化に応じて、好きな内装に変更できる点にあります。

もう一つは、所有しているために、死ぬまでそこに住めるという安心感があります。仮に収入がなくなったとしても、また、高齢のために普通の賃貸が借りにくい状況になったとしても、持ち家であれば基本的に住み続けることが可能です。

最後に、税制面のメリットもあげられます。住宅ローンは基本的に、投資用不動産より低い金利で借りることができ、かつ、住宅ローン控除を受けられるので実質的に金利を払う必要がありません。


持ち家のデメリットは?

一方で、デメリットもあります。一つ目はスケールダウンがしにくい点。リノベーションをしたりすることは可能ですが、家族構成の変化に応じて、サイズを変えることはできません。このため、基本的に持ち家の場合、最大家族構成に合わせて購入することがほとんどになります。しかし、例えば子供と同居するとしても、実質的には10年程度しか子供部屋というのは必要なく、子供が巣立った後の家族構成の変化に対応することができません。

さらに、地震などの自然災害への弱さもあげられます。仮に、保険などに入っていたとしても、すべてカバーされる保険は少なく、あったとしても高い保険料が必要となります。このため、賃貸であれば所有者の責任で改修などをすることになりますが、持ち家の場合、すべてのリスクを保有者が負うことになります。

こうした、メリット、デメリットを考えた場合、基本的に自分がどうしても欲しい理由がない場合を除いて所有することのメリットは少ないです。

特に、セミリタイアを考えている場合、セミリタイア前とセミリタイア後で住みよい場所というのは変化するはずです。家族構成の変化だけではなく、セミリタイア前、セミリタイア後で住むべき家が変化する可能性が高いことを考えると、なおさら、マイホームは購入すべきではありません。


資産価格を考慮しても?

資産価値を考えてもか?

もちろん答えはイエスです。例えば新築の場合、価格は購入した瞬間に10%は低下するのを覚悟した方が良いです。それでも、一部のマンションは値上がりしているとの指摘もあげられます。しかし、こうした住むだけのマンションの値上がりは、一銘柄に投資しているようなもの。マンションの頭金や、ローン支払いに充てるお金を、REITやETFに投資したほうが分散もしており値上がり益を得ることもできます。

セミリタイアを目指す以上は、住宅の自由度についてはある程度我慢できるのではないでしょうか。ちなみに、さくは東京に家族で住んでいますが、妻の職場に近い駅近、築古の賃貸物件に住んでいます。この築古物件は、お風呂などの水回りだけリノベしてあり、内装はやや古めかしいのですが、駅近の物件を選ぶために、築年を捨てるという戦略にでました。

築浅物件に住むメリット、駅近に住むメリットとコストを比較したとき、どうしても捨てられない条件が駅近で、築年数は捨てられると考えたからです。基本的に、総合的に満足をしようと思ったら、条件をい洗い出して、何が捨てられるかというのを考えるべきだと思っています。

さくは、賃貸の不自由さを甘んじてい受け入れる代わりに、なにかあった場合にも引っ越せる自由を手にいれました。この自由によって、仮に妻がリタイアした場合に、東京を離れて住居費の安い家に住むという選択肢を手に入れました。

みなさんは、セミリタイアを手に入れるためにどの条件を捨てられるでしょうか。

ではでは。


セミリタイアランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村