どうもさくです。

クリスマスになるとやってくる、いい大人がクリスマスプレゼントに(Canal)「4℃」を送るのはいかがなものかという論争。30代女性へのプレゼントとしては、若者向けブランドであり1-2万円台のプレゼントはややふさわしくないのではないかという論調です。

こうした論調が盛り上がるのも、一つはこうしたクリスマスプレゼントが決して安いものではないことと、ツイッター上で晒すという行為が適切かというような反論が数多くあるからだと思います。

そういえば、さくも、20数年前に初めて女性にプレゼントしたのも、「4℃」だったような気がする。(記憶の中では。)なので、この年になって、「4℃」は若者向けブランドなのかと認識した次第ではあります。

男性目線で見ると

この感覚は、例えば30代の男性が、Gショックをクリスマスプレゼントにもらったような感覚でしょうか?

Gショックは確かに、値段としてはかなり高額になるものの、一般の30代男性が身に着けるにはややふさわしくない気がします。(趣味によりけりなので、一概には言えません。)

こうして考えると、特にGショックが好きだと言っていないのにも関わらず、Gショックをプレゼントされた30代男性は微妙な気持ちになるのは、わからなくもありません。


プレゼントってなんだろう

ここで、さくは改めて思ったのは、そもそもプレゼントってなんだろうということです。特に、男女間で発生するプレゼントについて。

一般に、男性は女性に対してプレゼントを贈ることで、愛情や親密さを表現するという意味合いがあるようです。つまり、愛情など目に見えないものを、形で表現するということです。

つまり、「4℃」問題とは、愛情や親密さを形で表現する上で、その形式が相応しくないという主張であるとも理解できます。こうした、主張に対して、「プレゼントをもらっているのに、偉そうなことを言うな」とかいうタイプの反論は、反論としとしては成立していないかもしれまえん。なぜならば、女性側が主張しているのは、あくまでも形式の不備についての主張であり、男性を擁護する側の主張は、あくまでもプレゼントが表現しようとしている「愛情や親密さ」の部分を重視する主張だからです。


反論じゃないけども

だだ、さくは、やや違った感情を持ってこの議論を見てしまいます。そして、多くの男性が、批判的に見てしまうのも、実はここなんではないかと思うのです。

それは、この「4℃」問題を語る女性側に対して、ある種のやや流行に疎い男性への侮蔑の気持ちを感じ取ってしまうからです。これは、いわゆる「負の性欲」問題とも絡む議論かもしれません。

つまり、女性の側に、こうしたやや「ダサい」男性に対して敬遠する感情があり、こうした拒否の感情は、女性の方が当然に強くなりがちです。こうした、好意のない男性からの好意(プレゼント)に、拒否の感情を持ってしまうのは、女性が「選ぶ性」であることや「弱い立場」であることから当然のようにおもいます。そして、こうした感情をもつこと自体、社会通念上認められているようにも思います。

例えば、仮に、男性が、好意のない女性から貰った手作りバレンタインチョコを、ツイッター上で晒すという行為をすれば、相当な批判を受けることが容易に想像できます。つまり、男性側は、好ましくない好意について紳士に対応するべきという社会的規範があるということだと思います。

まとめ

さくは、「4℃」問題について、微妙な気持ちを持っています。

というのも、好ましくない好意、「ダサい」好意というのを拒否したくなる女性側の気持ちや立場も理解できるからです。一方的な好意や、ストーカーなど、自分の身を守らなければならない女性側が、心理的に好ましくない好意に対して拒否感を感じるのはわかるからです。特に、好意を装った犯罪などもあるので、警戒のし過ぎということもないと思うのです。

一方で、さくは、現在中年男性です。つまり、仮にだれか若い女性に好意を持ったとしても、迷惑な好意になってしまうことは重々承知してはいます。

ただ、こうしたやや侮蔑的な感情は、社会的に許されたとしても、また、身を守るための必要な感情であったとしても、あくまでも侮蔑的な感情であることは変わらないということだけ、小さく主張させていただきます。

みなさま、どうお考えでしょうか。

ではでは


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村