お金について

東京で子育て、40代だと年収740万円必要

どうもさくです。

昨年の12月16日に、東京地評(東京地方労働組合評議会)が、東京子育て世代の生活費試算を公表した。

この試算によると、税金・社会保障税込みで、30代は650万円、40代は740万円、50代は960万円の年収が必要であるとの結果になった。

納得感のある試算になっている。

この生活費の試算は、練馬区在住で子供2人がいるという計算になっている。

中身を細かく見ていくと、ところどころ違和感はあるものの、全体を通してみると大体これぐらいはかかるという内容になっている。

例えば、家賃などはかなり低く設定されている。家族4人で40平米台で生活するのはやや困難だろう。一方で、家具などの耐用年数はかなり少な目にしているし、食費も一食300円程度の設定は節約をしている家庭ではやや高いだろう。

ただ、全体としては、贅沢をほとんどしていない世帯の「普通」の生活費を表現しており、ひとつのベンチマークとしては十分なものとなっている。

東京での子育ては難しい

この試算結果を見ると、東京での子育ては非常に困難を伴うことがわかる。

例えば、東京では少なくとも中学受験は平均的の範囲内にあるし、飲み会台が30代で3000円台というのは平均よりも低いとも思える。つつましい生活をしていても、40代で740万円の年収が必要なのだ。

東京で「普通」の暮らしをしようと思ったら、大企業に勤めて、世帯年収を1000万円以上にするか、昔からの農家で土地を持っている家庭に生まれるしかないのだ。ちなみに、東京の平均世帯年収は600万4000円(平成26年全国消費実態調査)。

まとめ

東京で「普通」の暮らしをするためには、普通の年収では難しく、普通の家庭環境で育った人では、普通を再現することはできない。

東京以外に暮らすことが求めらるし、もしくは、「普通」である結婚や子育てをあきらめる必要がある。東京以外でも、東京近郊であれば、似たような生活費となるだろうし、東京に勤務していた場合は、通勤時間を使うことになり、普通の暮らしはままならない。

さてさて、なにかをあきらめる必要があるのだが、何をあきらめれば良いかはひとそれぞれでしょう。

ではでは


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村










可能性がゼロじゃないから苦しい

どうもさくです。

さくは、セミリタイアを決断して3年、実行して2年程度になります。そうした生活の中で気付いたことは、セミリタイアというのは、自分の可能性をゼロにすることで新しい自分と向き合う精神的な作業なのだということです。

セミリタイアを決断するということは、単に仕事を辞めるだけではないのです。今まで、築いてきたキャリアをリセットする、つまり、捨てるということなのです。なにを捨てるかというと、可能性を捨てるということなのだと、リタイア後に気づきました。

すべての人に可能性はある、のが問題なのだ

さくは、子供の頃、無邪気にも、将来大人になれば何者にもなれるのではないかと思っていました。なんとなく、なにを努力するわけでもなく、そんな夢想をしている時間が長かったかもしれません。確かに、子供の頃であれば可能性は無限大。夢を追い求めていれば何かになれる可能性はあったかもしれません。

しかし、大人になるとそんな可能性はどんどん少なくなっていきます。そして、人生にあきらめがついていき、穏やかな人生が送れるようになるかというと、全然そうでもないことに、大人になると気づきます。大人になっても、可能性はゼロではないのです。

本屋に行くと、たくさんの成功物語にあふれています。その中には、中年以降に成功を手に入れた人の話も出てきます。確かに、理屈上、うだつの上がらない中年サラリーマンが、一発逆転、人生を成功させることは、確率ゼロではありません。

これが問題なのです。

可能性があることが、行動を歪める

40歳になって、うだつの上がらないサラリーマンが、一発逆転、出世をして社長になる可能性はゼロではありません。中年アイドルやお笑いタレントがブレイクする可能性もゼロではありません。宝くじに当たる可能性もゼロではありません。

しかし、この可能性が人を苦しめるのです。

こうした、一発逆転した利益 × 逆転の確率 = 逆転の期待値よりも一発逆転への参加費用は、高いことが一般的です。つまり、得するのは掛けの胴元なのです。基本的には、こうした掛けは分が悪いのが普通です。

出世競争に参加し続けて頑張り続ける中年サラリーマンを働かして得をするのは、今の経営陣です。売れないアイドルやタレントがいるから、今売れているアイドルやタレントが光り輝きます。宝くじは、貧乏人への税金のようなものです。売り上げの半分は胴元(政府や売ってる青い銀行)に取り上げられ、宝くじを買うのは人のほとんどはより貧乏になります。

可能性地獄から抜け出す方法

可能性というのは、夢などと呼ばれて生きる活力になります。こうした活力が人生に彩りを与えて、豊な心を作り出すという側面は、さくは否定しません。しかし、こうした幻想は、一種の麻薬でもあります。自己啓発本を読んで、才能を開花した人よりも、自己啓発本の作者が儲かるのは当たり前かもしれません。

夢はあくまでも夢です。セミリタイアはこうした、何かになれるかもしれないという可能性を自ら断ち切る生き方です。究極の断捨離とも言えるでしょう。セミリタイアしてしまえば、少なくともキャリア的な可能性はゼロになります。

僕たちは、子供の頃から麻薬を摂取しすぎていたのかもしれません。麻薬なら、病院でセラピーを受けて、麻薬断ちをしなければなりません。一定期間、こうした快楽を避ける必要があるのです。しかし、こうした快楽を断ち切るのは、非常な苦痛です。

セミリタイアは、自らこうした快楽を断ち切る作業です。

まとめ

セミリタイアは、夢とか可能性とか自己啓発といった快楽を断捨離する作業です。僕たちは子供のころからこうしたものに接しすぎていて、中毒症状で体がむしばまれているかもしれません。

一度、こうした中毒から逃れるためにセミリタイアを選択してみてはいかがでしょうか。そうしたら、新しい自分と出会えるかもしれません。少なくとも、楽にはなると思います。

ではでは


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


 

大学に行く価値はあるか(学歴格差の問題)

どうもさくです。

今日は、大学についてです。さくは、セミリタイア生活に入って多くコストを削ることを考えるようになりました。教育も基本的にサービス業なので、費用に対する効果でその価値を計測するべきだと思います。自分の子供が大きくなった時、大学に行かせるべきか、大学院に行かせるべきか、少し悩む問題だと思います。

大学はコストパフォーマンスが悪いのか

まず、大学卒と高校卒のコストパフォーマンスを考えていこうと思います。ユースフル労働統計2019によると、大学卒の男性の生涯収入は2億9千万円、高校卒の男性は2億6千万円とおよそ3千万円の差となっています。

大学の学費が私立で年間100万円、入学金・教材費で100万円とすると500万円のコストとなり、3000万円のリターンは、コストパフォーマンス悪く無いように思います。

ちなみに、大学院(修士)にまで進むとどうなるかというと、男性で3憶4千万円およそ5千万円の差となるようです。2年間で学費100万円・入学金・教材費100万円として300万円のコストに対して、5000万円の収入は相当のコストパフォーマンスのように感じます。

女性はさらに顕著

これが女性になると、高卒女性は1億9千万円 大卒女性は2億4千万円、大学院卒(修士)は3億1千万円となり、各学歴の差が賃金に如実に表れます。

要するに、女性の方が教育にかかる費用対効果が高いと言え、勉強する価値が高いのも女性だと言えます。

大学は無駄か

もちろん、こうした統計は平均化されたものであり、実態は各個人の努力でどうにでもなるものだと思います。ただ一方で、顕著に表れる収入格差があるというのも事実です。こうした、社会的な事実に個人はどういう戦略を取ればよいのでしょうか?

一つ目は、学歴がものを言うという事実を受け入れることが大事だと思います。確かに感情的には、子供のころの教育環境がモノを言う学歴というものが、生涯の年収に差を生んでしまうという事実は事実です。社会全体の問題としては、こうした格差があることは仕方がないことかもしれません。

二つ目は、個人の問題としては、考え方はいろいろあると思います。例えば、仮に大学に行ったとしても、せいぜい10%程度しか高卒との生涯収入の差はなく、個人の努力で10%は補える範囲内だとも考えれます。また、せいぜい10%の範囲内なのであれば、思い切って安い価格の大学(国公立、大学校、通信制、夜間など)を積極的に狙いコストパフォーマンスを最大化させる戦略もありえます。

さらに言えば、大学に行けた人であるならば、大学院に行くという選択はかなり有利な戦略ともいえます。わずか2年の追加費用で、違う人生を歩める可能性も広がります。大学卒業後に、一度就職して再度大学院に通うというのも一つの手でしょう。


大学の無駄さと、生涯収入とは関連性がないかもしれない

今回調べてみると、思った以上に学歴によって平均的な収入に格差が生まれてしまうということが分かりました。これは、日本だけの特性ではなく、欧米でも当たり前のことではあります。このため、米国などでは博士課程が人気化しており、高学歴化が進んでいるのも事実です。

こうした環境、比較的安く大学院に進める日本の環境は、おすすめの戦略の一つなのかもしれません。

しかし、さくも大学時代経験したことではありますが、その無意味さ、効率の悪さというのも事実であると思います。正直、モノを学ぶという意味ではビジネスの場の方が有利だと思います。つまり、本来の目的である学ぶという行為に対して、大学はあまり価値を提供していないようにも思うのです。

さくは、こうした無駄さ、非効率性を考えると、学生の頃にビジネスや社会と関われるような体験をよりするべきだったと反省もしています。具体的には、アルバイトや起業などを積極的に狙うべきだったかもしれません。

まとめ

自分の子供のことを考えると、まじめに勉強させて大学に行かせるべきかどうかという点で、悩みはつきません。ただ、分かった事は、行くならなるべく学費が安いところで、かつ、興味があるなら大学院まで通うということを勧めたいとは思います。

みなさんはどのようにお考えでしょうか?

ではでは


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


 

団信は格安なので、マンションを買うべきか

どうもさくです。

団信や住宅ローン減税は得なのか

最近読んだ記事で、団信(簡単に言うと、夫が死んだり、一定の基準を満たすような障害を負うと、住宅ローンが免除になる保険)に格安で入れるうえに、レバレッジがかけられるのでマンション購入をしてなるべく長く返さないという戦略があるとのことでした。特に、現在はサラリーマン減税があるので、マンション投資をするような人では出せないメリットがあるとのことです。

さくとしては、一見メリットがあるように見えるこのロジックですが、賛成しかねます。やはり、一般に所有して自分好みに使えるメリット意外でマンションの購入の経済的メリットは無いと判断しています。特に、近年マンション価格が高止まりしており、その傾向が強まっています。

マンション購入は割高

良く200倍の法則というのをマンション購入の目安にするのが良いと言われます。これは、賃貸マンションの家賃の200倍以内ならば、マンション価格が割安で購入すべきという考え方です。これは内部収益率が名目6%程度に相当し、投資物件購入の目安となるからです。しかし、現在こうした200倍以内におさまるようなマンションは都内にはほとんどなく、300倍程度の物件が中心価格帯のようです。

これだと、名目4%程度の収益率になってしまい、REITなどのような分散が効いて、かつ、経費がひかれた投資商品の方が明らかに有利になります。レバレッジがかけられる点が有利かもしれませんが、逆を言えば、それはリスクでしかないことを考えると、やはり、現実的な投資ではないように思います。

団信よりも掛け捨て生命保険の方が良い

また、団信は格安なのかという点もあやしいです。団信付きローンは一般に0.3%程度の追加利子率が必要になります。この場合、4000万円のローンでは年間12万円になりますが、掛け捨ての生命保険であれば年齢にもよりますが年間数万円で似たような保険を受けることができます。団信が割安というのも甚だ怪しい論理であると言えます。

というわけで、投資利益率からしても団信からしても、特段、経済的に有利なわけではなく、かつ、追加的な地理的リスクや、家族イベントのリスクを負うことを考えれば、マンション購入は基本的に避けるべきだと考えています。

いかがでしょうか?

ではでは。


セミリタイアランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイアに持ち家もいらない

どうもさくです。

セミリタイアに持ち家は必要?

今日はマイホーム(持ち家)についてです。セミリタイアをしたい場合に所有しないほうが良いもの。これは、保険、持ち家、自動車など所有することが当たり前とされるもの。この、所有という概念から離れることから始めるとセミリタイアは近づいてくることになります。まずは、持ち家と賃貸の違いについて検討しましょう。


基本的に持ち家のメリットはあまり大きくありません。



メリットの一つ目としては、所有しているために、マンションなり一戸建ての内装などに自由度が高まることです。所有しているメリットは、好きな時にリノベーションしたりして、家族構成や時代の変化に応じて、好きな内装に変更できる点にあります。

もう一つは、所有しているために、死ぬまでそこに住めるという安心感があります。仮に収入がなくなったとしても、また、高齢のために普通の賃貸が借りにくい状況になったとしても、持ち家であれば基本的に住み続けることが可能です。

最後に、税制面のメリットもあげられます。住宅ローンは基本的に、投資用不動産より低い金利で借りることができ、かつ、住宅ローン控除を受けられるので実質的に金利を払う必要がありません。


持ち家のデメリットは?

一方で、デメリットもあります。一つ目はスケールダウンがしにくい点。リノベーションをしたりすることは可能ですが、家族構成の変化に応じて、サイズを変えることはできません。このため、基本的に持ち家の場合、最大家族構成に合わせて購入することがほとんどになります。しかし、例えば子供と同居するとしても、実質的には10年程度しか子供部屋というのは必要なく、子供が巣立った後の家族構成の変化に対応することができません。

さらに、地震などの自然災害への弱さもあげられます。仮に、保険などに入っていたとしても、すべてカバーされる保険は少なく、あったとしても高い保険料が必要となります。このため、賃貸であれば所有者の責任で改修などをすることになりますが、持ち家の場合、すべてのリスクを保有者が負うことになります。

こうした、メリット、デメリットを考えた場合、基本的に自分がどうしても欲しい理由がない場合を除いて所有することのメリットは少ないです。

特に、セミリタイアを考えている場合、セミリタイア前とセミリタイア後で住みよい場所というのは変化するはずです。家族構成の変化だけではなく、セミリタイア前、セミリタイア後で住むべき家が変化する可能性が高いことを考えると、なおさら、マイホームは購入すべきではありません。


資産価格を考慮しても?

資産価値を考えてもか?

もちろん答えはイエスです。例えば新築の場合、価格は購入した瞬間に10%は低下するのを覚悟した方が良いです。それでも、一部のマンションは値上がりしているとの指摘もあげられます。しかし、こうした住むだけのマンションの値上がりは、一銘柄に投資しているようなもの。マンションの頭金や、ローン支払いに充てるお金を、REITやETFに投資したほうが分散もしており値上がり益を得ることもできます。

セミリタイアを目指す以上は、住宅の自由度についてはある程度我慢できるのではないでしょうか。ちなみに、さくは東京に家族で住んでいますが、妻の職場に近い駅近、築古の賃貸物件に住んでいます。この築古物件は、お風呂などの水回りだけリノベしてあり、内装はやや古めかしいのですが、駅近の物件を選ぶために、築年を捨てるという戦略にでました。

築浅物件に住むメリット、駅近に住むメリットとコストを比較したとき、どうしても捨てられない条件が駅近で、築年数は捨てられると考えたからです。基本的に、総合的に満足をしようと思ったら、条件をい洗い出して、何が捨てられるかというのを考えるべきだと思っています。

さくは、賃貸の不自由さを甘んじてい受け入れる代わりに、なにかあった場合にも引っ越せる自由を手にいれました。この自由によって、仮に妻がリタイアした場合に、東京を離れて住居費の安い家に住むという選択肢を手に入れました。

みなさんは、セミリタイアを手に入れるためにどの条件を捨てられるでしょうか。

ではでは。


セミリタイアランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
ギャラリー
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ