仕事について

大学は就職予備校であるべきか

どうもさくです。

少し古い話ではありますが、昨年の7月23日放送のテレビ東京「カンブリア宮殿」に出演した永守会長が話題になりました。

永守会長の意見として、「経営学部を出ても経営のことを全然知らず、税金のこともわからない」「名刺の渡し方もわからない」などと発言し、ツイッター上で批判的な意見が盛り上がりました。

そんなさくも、大学卒業時で名刺の渡し方も、電話の取り方も、そもそも、きちんとした社会人的振る舞い(遅刻なく毎日出社するなど)すらできていませんでした。その意味で、永守会長の意見は耳が痛いかぎりです。

大学はなんのためにある

ここで、永守会長への批判的な意見として、大学は就職予備校ではないというものがあげられると思います。

そもそも、大学の存在理由とはなんでしょうか。
それは、大きく分けて2つあると考えられます。一つ目は、先端研究。二つ目は高度教育。

この二つの役割があるから、大学法人は存在する意義があると言えるでしょう。そして、この二つ目の高度教育の点について、永守会長は大学に対して意見があると考えられます。

大学はきちんと高度教育が行えていないではないかと。


大学ってどうしたら卒業できるのか

大学は、先端研究を行う研究機関としての役割を持っています。

ですので、修士になると研究をして学術論文を書くトレーニングが施されます。そして、その成果として修士論文を書きあげます。博士課程では、学術論文を発表し、何本かの論文が認められりると博士という学位を得ます。大学院教育は、日本の大学ならある程度その教育的な意味合いは共通なのではないでしょうか。

しかし、学士とはなんなのでしょうか。

それは、大学で一定の単位を取得したものが得られる学位なのです。つまり、大学が教えたことを習得できていれば学位を得られるという仕組みになっているのです。

要するに、何を学ぶかはあまり関係なく、単位を取得すれば大学は出られることになります。

大学と企業や学生で意識にギャップがある

さくが、大学生だったころ、一般教養として、哲学やら西洋史やらを単位として取得した記憶があります。しかし、こうした勉強は、単位取得のために仕方なくとったもので、人生に役に立ったことはありません。本来ならば役に立った内容なのかもしれませんが、内容を一切覚えていないのです。また、専門分野についても、多くの単位を取ったのですが、その中身は全く覚えていません。

さくの偏見ですが、大学は、学部生に修士課程に進むような勉強の準備段階を教えているような気がします。つまり、大学側からすると、研究者である教授や助教授などになるために大学院があり、学部生はその大学院に入るための準備をしているかのような教育課程だったように思います。

しかし、大多数の大学院に進まない大学生や、それを受け入れる企業側としては、そんなすぐには役に立たない学術的な知識よりも、学生の生産性や社会性を高めるような教育を行ってほしいと思うのではないでしょうか。

つまり、学問への連続としての前段階としての教養ではなく、実践的に今使える実学を求めているのではないかと。

ギャップが大きすぎて埋まらない

大学としては、当然、論文の数やインパクトでその質が測られます。そのため、多くの学生にもその準備を行ってほしいというインセンティブが働くのは当然です。

一方で、学生のほとんど、特に日本のように18歳前後から入学することが一般的である場合、こうした学術的トレーニングは何の役にもたちません。なぜならば、研究者にはならないからです。もしくは、入っている学部とは関係のある産業にすら就職しないでしょう。

つまり、大学側の言い分と学生・企業側の言い分が大きく隔たりがあるように思えます。

まとめ

さくは、研究という観点からも、教育という観点からも、大学の4年間という期間が長すぎると考えています。そして、多くの大学の学部では、研究という観点からも、教育という観点からも、存在理由が薄いような気がしています。つまり、なんのために存在しているかわからない大学が多すぎるように感じます。

むしろ、代替的に職業訓練となるような教育機関があれば、そして、そこに格差がないのであれば、そちらの方が望ましいような気がします。

数ヶ月前、NHKで、コロナ禍に大学生が困窮しているとの番組を見ました。そして、その中で、休学をして就職をするという選択をした学生が紹介されていました。

さくとしては、これこそが、正しい選択なのだと思いました。そもそも、大学とは困窮してまで、「今」通うべき価値のあるものでもないと思います。そして、必要になれば社会人になってから通いなおすことができる場所でもあります。このような、価値ある選択できる若者を見て、自分の学生の頃、理由なく大学に行っていたこと反省する気持ちになりました。

大学は聖域ではなく、ただのサービス業です。コロナ禍で、通う価値がないのであれば、もしくは、働く価値の方が高いのであれば選択的に行動を変えるべきです。(というか、リモート授業なのに授業料返還しない大学ってなんなんでしょう。)そして、そのように、選択的な行動が増えれば、付加価値を提供できない大学(企業や学生が望まないサービスを提供し続ける大学)は、なくなっていくのではないでしょうか。

そんな風に思いました。

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村














断らない女の何が問題なのか

どうもさくです。


菅首相の長男らと総務審議官当時に会食した山田真貴子報道官への批判が集まっている。そして。若者に向けた過去の動画メッセージで、自身について「飲み会を絶対に断らない女としてやってきた」と述べていたことなどに焦点が集まっている。

山田真貴子氏は、1984年入省のいわゆるキャリア官僚。官僚としての最高位を表す次官級ポストに女性で始めて就任した、女性キャリアとしてのスター中のスターとも言える人物である。

今回の事件(7万4千円接待)については、官僚の倫理規定など多くの意見があるところであろうし、言いたいこともある人は多いと思うが、それより、さくが注目したのは、「断らない女」発言である。

偶然の出会いや交流が重要なのもわかります

女性として、キャリア官僚として、出世を極めるということがいかに大変なことかは、さすがのセミリタイアラーのさくでも容易に想像がつく。特に、1984年入省ということは、1986年施行の男女雇用機会均等法前の世代である。女性社員は腰掛けが当たり前の時代である。それなりに大変な、官僚人生であり、そうした時代から生まれたスター官僚なのだろうとさくは想像します。

しかし、そうしたスター官僚が、若手に語った内容が「断らない女」というのは、少し複雑な気持ちにさせられます。

当たり前ではありますが、官僚の方々は、優秀でありかつ多忙な毎日を送っています。そして、そうした方々が、飲み会を断らなかったから出世できたというのも容易に想像ができます。さくは、こうした人々のおかげで、今の社会が成り立っていることを理解しているつもりではあります。

しかし、今の若い(特に女性の)優秀な官僚たちは、この山田氏のような「断らない女」をロールモデルにできるだろうかとも思います。(報道によると、山田氏の配偶者も総務官僚だとのこと。)学生時代から努力を重ねて、かつ、激務の官僚を務めあげ、子育てもし、かつ、飲み会を「断らない」。

山田氏の言いたいことは、わかるのです。チャンスというのは、どこにあるかわからない。特に、人との出会いというのが、人生を大きく変えるようなチャンスや新しい知識を運んでくる。だから、積極的に飲み会に参加して、チャンスと出会いを手繰り寄せるべきだ。特に、官僚のような狭い世界であれば、人との出会いは重要さを増すのでしょう。

完璧すぎませんか?何か無理がある気がします

さくが、問題にしているのは、スター官僚が語るロールモデルが時代にそぐわないということです。

本当に、優秀だからと言って、能力が高いからと言って、国のためだからと言って、仕事もバリバリこなし、子育てもして、旦那さんの出世もサポートして、飲み会まで「断らない」(チャンスを取りに行く姿勢を貫くこと)ということが可能なのでしょうか。それが、若者へのメッセージとして有効なのでしょうか?

もちろん、山田氏自身の生活は、さくは知りません。もしかりたら、子育てはベビーシッターや祖父母が代行していたかもしれませんし、意外と総務省が緩い省庁で定時に帰れていたかもしれません。旦那さまは「断る男」だったかもしれません。その実は、わかりません。

ただ、総務省のスター官僚であり、キャリアという意味では女性の希望ともなるような方が発するメッセージとして正しかったかどうかかなり疑問です。

まとめ

もし、男性官僚がドヤ顔で「断らない男」が出世の秘訣だと語ったらどうでしょう。

さく個人としては、おそらく時代遅れだと叩かれると思います。おそらくイーロン・マスクや孫正義のような創業者以外の人が、この手の激務系の主張をすると叩かれる傾向にあると思います。最近だと創業者であっても、永守さんなどはやや批判されつつあるように感じます。

さく自身としては、激務を通してしか手に入らないものがあることは理解しており、その点を批判するつもりはありません。しかし、女性キャリア官僚でかつ、次官級のポストに就く方という立場から考えると、メッセージとして正しいのかどうか、かなり疑問を感じました。(さくは、立場によって意見が変わることも否定はしない考え方です。)

ただ、山田氏は素直な方で、出世するためだったら何かを犠牲にしなければならない、という当たり前の真実を正直に伝えたかっただけかもしれません。

みなさまは、どうお考えでしょうか。

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村







中年男性は生きづらいらしい

どうもさくです。

さくは、中年男性なのですが、どうも日本では中年男性というのは生きづらいらしいです。

まず、中年男性の自殺率は他の世代と違い抜きんでています。日本人の自殺の4割ぐらいは4-60歳の中年男性に占められており、その自殺率も世界一と言われています。

幸福度調査によっても、そもそも日本人の幸福度が世界の中でも低いにも関わらず、男性の幸福度は女性よりも低く、多くの調査では50代が最も低い幸福度になるU字カーブを描くことが知られています。つまり、日本人の中年男性はどうも幸福ではないらしいのです。

これらの事実は、もちろん個別の事情によるものが大きく、単純に比較することができない問題ではあるので、一概にそうだということは言えません。ただ、一つの傾向として(日本の)中年男性はどうも生きにくいと感じていることが分かります。

中年男性の逆風

さくとしても、中年男性は生きにくくなっていると感じています。

それは、収入が減ってきていること、結婚しにくくなっていること、そして、そもそも中年男性は正しくないということ、にあると考えています。

まずは、バブル期以降、中年男性の給料が相対的に(他の世代に比べて)減少していることは良く知られた事実です。それでも、最も給料が多い世代ではあるのですが。こうした、相対的な地位の低下は、今までの生活様式を変更しなければならなく、生きづらさにつながると思います。

次に、結婚しにくくなっていること。これも世界的潮流ではありますが、日本人男性の生涯未婚率が過去30年で1%台から23.4%(2015年調査)にまで上昇してきていることにあります。これは、女性の14.1%(同じく2015年)と比較しても高く、男性が結婚できない時代になってきています。特に男性は、未婚か既婚かで、幸福度や寿命に顕著な差が出ることが知られており、大きな問題であると考えられています。

最後に、中年男性は正しくないという問題があります。これは、ポリティカル・コレクトネスという考え方が広まり、差別や偏見への社会的圧力が強まっているという潮流は、中年男性にとって逆風となるからです。理由は簡単で、中年男性は世の中で知られる社会正義の中で、攻撃される側の強者であるからです。男女平等の観点からは、男性は女性の権利を守る必要があります。セクハラをするのはもっぱら男性社員です。若者との接点からは、パワハラを訴えられるのは中年男性です。


生きづらいのに守られない

中年男性は、自殺率も高くて、幸福ではないのにも関わらず、さらに、今後も給料は上がらないし、結婚もできないかもしれないし、社会正義の観点からは不当に権利を持った既得権者であるために責められる可能性を持っています。

しかも、加齢臭もするし頭髪も薄くなってくるし、代謝が悪くなり体形が維持しにくくなってきます。

中年男性は生きにくいのです。

そして、そんな中年男性は、今後、育児や家事にも積極的に参加しなければならないし、ECOやSDG.sな生き方も求められます。当たり前ですが、給料は上がりませんが、今まで通り国際競争の中、きっちり働かなければなりません。

降りるというのはいかがでしょうか

さくは、現在の中年男性への過剰な要求は、維持不可能であると考えています。もちろん、社会正義や男女平等、ECOや持続可能な社会生活などを希求すること自体は望ましいことだと考えています。男性が積極的に育児参加することは良いことだと思いますし、ハラスメントは無くなった方が良いと思います。すべての人が結婚をすべきだとも思っていませんし、多様な生き方が認められるべきだと思っています。

しかし、中年男性は過去に既得権益であったが為に、その生きづらさが他者に認められないという独特の不幸を背負っているとも思っています。少なくともデータは、中年男性の生きづらさを示唆しています。

このため、さくは、中年男性の生きづらさを取り除くために、どんな戦略があるか考えていければと思っています。中年男性(将来の老年男性でもある)を取りこぼすことなく、すべての社会構成員が幸せになれれば良いなと考えています。

みなさまはどう思いますか。

ではでは


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村









中年、男性、正社員という属性への逆風

どうもさくです。

さくは、ブログで、中年男性への逆風をどのように戦略的に和らげていくかという観点で書いていることが多いです。中年男性は、今後、さらなる逆風に晒されると考えられます。そして、これは構造的な要因なので避けられようがありません。今回は、こうした構造的要因について書いていこうと思います。

中年男性への構造的逆風

さくは、時代の大きな流れとして、以下の三点を重視しています。

その1、少子高齢化
その2、新自由主義(+IT)
その3、正しさの追求(ポリティカル・コレクトネス)

これらの流れは、過去数十年間、進んできたものではあります。
例えば、少子高齢化で言えば、1974年に合計特殊出生率が人口置換率である2.08を下回っており、問題点として指摘されています。新自由主義の出発点をどことするかは難しいですが、日本では1982年の中曽根内閣(国鉄、電電公社の民営化など)にその影響が強く表れています。ポリ・コレという意味では、例えば男女雇用機会均等法は1986年に施行されています。

そして、これらの流れが現在も続いており、今後もそうであると予想されるのです。

なぜ、中年男性への逆風となるか

まずは、少子高齢化。

これは、単純に、成長率を押し下げるだけでなく、社会保障税を押し上げる効果を持ちます。こうした、状況の中で、サラリーマンの可処分所得が上がることは無いでしょう。さらに、1970年代までは、合計特殊出生率が2を超えていました。ということは、今までの中年は、兄弟が1人もしくは、複数いた確率が高い状況でした。しかし、これから中年になる人々は、一人っ子の確率が非常に高く、かつ、地元に住んでいない人も多い状況です。これは、今までの中年男性よりも、介護問題が増大する可能性を表しています。

次に、新自由主義。

これは、いろいろな側面があるものの、自由貿易や国際競争という意味で、日本の中間層に強い影響を与えます。つまり、グローバルな競争は、グローバルな賃金同質化を進めるので、相対的に賃金の高い日本人中年男性への賃金低下圧力になります。これは、今までも言われてきたことではありますが、今後もこの流れが逆流することは、当面ないと思っていた方が良いでしょう。

最後に、正しさの追求です。

これは、正しさが何であるかの議論はあるものの、グローバルな流れとして、ポリティカル・コレクトネスやSDG.sが求められる時代になっているということです。そして、こうした流れは、社会全体を良くするという方向性に向かっていくものの、中年男性にとっては逆風となりえる現象でもあります。なぜならば、いわゆる中年男性は既得権益側の立場であったからです。特に、女性の社会進出と経済的な自立は、一方で、守られない「弱い男性」問題を生み出します。例えば、グローバルに結婚できない男性という存在が増えてきており、社会問題となりつつあります。しかし、こうした「弱い男性」は、ポリティカルコレクトネスで救済の対象となるような、社会正義の対象としては現在見做されていません。


まとめ

こうした、構造的な変化は、個人への影響が不可避である一方で、その影響力が多大でもあります。このため、こうした環境の変化に合わせて、生き方を変えていかないといけないと、さくは考えています。

中年男性にとって逆風となる環境で、どのように変化していけば、より良く暮らしていけるのかという戦略を今後も考えていきたいと思います。

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村








LIFE SHIFT ーオプション価値が上がる

どうもさくです。

リンダグラットン著「ライフシフトー100年時代の人生戦略」が売れたのが2017年。あれから4年経ちましたが、日本の働き方は変わっているのでしょうか?

今回は、オプション価値が上がるという点を書いていきます。

オプション価値が上がる

人間の寿命が長くなると、仕事の上での選択肢・オプションというものが持つ価値が上昇します。これは、シンプルに考えると不思議な結果です。というのも、人間の寿命が長くなるということは、時間の価値が相対的に下がるので、選択肢・オプションの数も増えていき、その価値が下がると考えるのが普通だからです。

確かに、選択肢・オプションの数というのは、人生の長さに比例して多くなると考える方が普通です。しかし、実際のところ、日本の働き方は、依然としていないために、自らこの選択肢・オプションを放棄しているというのが実情です。

具体的には、新卒一括採用、年功序列、終身雇用制度がいまだに残っています。また、転職者に不利となるような雇用慣行も残っているのが実情です。

一方で、人生が長くなると、その分、まさかの時に出会う確率が増えていきます。このため、必要とされる選択肢・オプションは増大するのです。

つまり、選択肢・オプションの所有量が変わらずに、その必要性が高まるので、価値が上がるということだと考えられます。

(オプションをデリバティブで考えると、行使期日までの時間が長いほど価値が高まります。)

選択肢・オプションを増やす

さくは、「ライフシフト」を読んだ感想として、要するに選択肢・オプションを常に保有しなさいということだと感じました。

今までの生き方のように、一つの生き方が適用されるのではなく、多様な生き方が必要になるので、その準備をしておきなさいということだと考えています。そして、選択肢・オプションを増やす方法は、一つは常識にとらわれないこと、もう一つは、最適化をしないことだと考えています。

選択肢・オプションを増やす方法

その1 常識にとらわれない
かつての常識であった、新卒一括採用、終身雇用、年功序列という考え方や、20代で結婚して、二人の子供を持つという家庭像は、現在の日本では通用しません。こうした、通用しない常識を基にした生き方は、時代の変化に適応しにくく、柔軟性が不足してしまいます。

その2 最適化をしない
最適化とは、多くの場合机上の空論です。例えば、収入を最大化する最適化問題を解く場合、長くストレスフルな仕事をすることが解となりがちです。しかし、こうした最適化で求められた解は、前提条件のちょっとした違いによって大きな間違いとなることが良く知られています。柔軟に生きるためには、最適化をせず、余剰部分を多く持つことが重要です。

まとめ

長寿で、人生が長くなると、必ず変化が求められます。それも一回だけでなく何度でも。

そのためには、選択肢・オプションを多数持つ必要があります。多くの状況に合わせて常に変化をしていくためです。

選択肢・オプションを増やすためには、常識にとらわれず、余剰部分をうまく活用することが肝要だとさくは考えます。

みなさんは、いかがお考えでしょうか?

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村









ギャラリー
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ