シンプルライフ

まずは守りからー成果の上がりやすいところから

どうもさくです。

今回は、守りを固めることのメリットについて書いていこうと思います。

例えば、サッカーではチーム力を高めるために、まず守備の強化を行うことが多いと言われています。また、将棋でも「Z戦法」と言って、穴熊という固い守りの陣形を作るなどして、自陣の当面の安全を確保してからとにかく攻めるという戦法が流行したことがありました。日本の戦国時代も初期の頃は、籠城戦略が有効だと知られると、全国各地に山城や砦が建造されるようになりました。

これらの、守るという戦法はなぜ有効なのでしょうか?

守る方が簡単だから

なんで、守備を固めることが優先されるのでしょうか?

これは、守るということが比較的簡単に行えることだからです。守ることの良い点は、以下の感じだと考えます。

その1. 守ることはマニュアル化(やることがある程度決まっている)ので、難易度が低い
その2. 守ることは相手を意識しないでできるので、自分のペースで行える(運に頼らなく、成果も出やすい。)

守りは、やることが決まっている

サッカーで守る場合、プレスをかける、ゾーンを作る、体を寄せるなどの基本動作と、戻りを早くする、連携を常に取るなど、比較的やること自体はシンプルです。将棋においても、穴熊などを作る手順は決まっているものが多く、初心者でも可能な戦法となります。戦国の籠城も、基本、山に籠るだけです。(築城もあるが、それは戦国後期の巨大建造物。)

やることが決まっていて、結果が見えやすい方法は、改革などで短期的に結果が求められる時に非常に有効で、鉄板戦法と言ってもよいでしょう。

これをビジネスに取り入れたやり方が、コストカット。コストカットは、やることが決まっています。現状の運営の中で、シンプルに経費を削減すればよいだけなのですから。例えば、納品業者が弱い立場だったら、部品の値下げを要求する。(変わりに納品業者数を減らし、部品数を減らしロットを増やして交渉力を高める。)すぐに結果がでない研究開発費を削減する。出張旅費などを削減する。最後は、人件費を(例えば非正規の活用や、役職定年などを使い)下げる。最後の手段はリストラクチャリングですが。

守りは、基本的にやることが決まっていて、結果が計算できるというのがポイントの一つでしょう。しかも、才能や新しい方法が一切いらないので、リスクも非常に少ない技法です。

守りは、自分の努力だけである程度完結する。

もう一つは、自分の努力だけである程度完結できるのがポイントになると思います。

例えば、籠城戦略の準備は農業の繁忙期以外の時に行えます。サッカーの守備も、戻りを早くすることや、プレスの強さなどは、体力トレーニングだけである程度能力をあげられます。穴熊も、定石通り指せば、上級者意外であれば対応可能でしょう。

こうした、運や相手などに左右されず、自分だけで確実に結果を残せるのはものすごいメリットです。

ビジネスの現場のコストカットも、改革を行いたい経営者の場合、市況や競合他社のようにコントロールできないものを相手にするよりも、確実に成果を残せる手法の方が短期的には好まれるでしょう。

守りにもデメリットはある

とは言っても、守ることだけではデメリットはあります。それは、効果に限界があることです。

サッカーで言えば、守備を固めるだけでは勝つということにはつながりません。弱者の戦法ではあるものの、強くなるためには限界があります。籠城戦略も、戦国時代の後期には、大規模土木技術や兵糧攻めなど攻略方法が構築されていきました。穴熊も、同様に攻略法があります。

ビジネスのコストカットも、売り上げを増やすわけではないので、効果に限界があります。むしろ、長期的にはやりすぎると疲弊してしまうこともあるでしょう。

それでも取り入れる価値がある

それでも、守備を優先するという考え方は取り入れるべき価値があると、さくは考えます。それは、弱者の戦略だからです。

効果に限界があることは重々承知です。しかし、弱者である以上、一定以上に上がるためには利用できるものは利用すべきです。その中で、守備を優先するという考えは一考の価値ありでしょう。

こうした考え方を生活に取り入れたらどうなるか、今後書いていきたいと思います。

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

シンプルライフの基本は楽しいこと

どうもさくです。

さくは、シンプルライフを目指しています。そして、シンプルライフの基本戦略とは、その1、重要なことを定義する その2 それ以外を捨てる です。

今回は、楽しいということについて、考えていこうと思います。

楽しいは重要

シンプルライフの基本戦略として、重要なことを定義しなければなりません。しかし、この重要なことというのは、人それぞれの定義があるので、一般化することは難しいです。ただ、今回は、敢えて一般論として、楽しいを重視すべしだと言いたいです。

なぜ、楽しいを重視すべきなのでしょうか。

それは、楽しくないと人は死んでしまうこともあるほどの、重要な要素だからです。

例えば、お金持ちにならなくても、東大に入れなくても、社長じゃなくても、甲子園に行けなくても人はそうそう死にません。しかし、楽しくないと、結構人は死にます。

つまり、楽しいというのは、お金とか学歴とか出世とか、個人的な目標や夢よりも重要な要素なのではないでしょうか。一方で、健康じゃなければ、人は結構しにます。ということは、健康の方が楽しいより重要な要素となるかもしれません。

こうした一般化は、時として反論に会うこともありますが、ただ、夢とか目標とかお金とかよりも、楽しいことの方が人生に決定的な影響を与える可能性があるというのは考える必要があるのではないでしょうか。

現代社会は重要な要素を軽視しすぎている

現実の社会は、それとは別に、お金とか出世とか夢とかを重視しすぎています。

夢がかなう方法と書かれた自己啓発本や、経済的自由をめざすビジネス本は巷にたくさんあります。そして、多くの人が、夢のためやお金のために多くを犠牲にして生活をしています。

しかし、楽しくいきるために夢を犠牲にしたという成功物語や、高校生活を謳歌したいから東大をあきらめたという成功物語はあまり聞きません。しかし、物事の重要度からすると、これらは成功物語なのですが。

本来であれば、高校生活を謳歌するために、学歴をあきらめて楽しい毎日を送ることは、人生的な成功物語です。そして、こうした生き方は重要な物事をしっかりと分かっているシンプリストの生き方です。

むしろ、努力して苦労して東大に入った人は物事の優先順位が理解できていないのではないでしょうか。無駄な時間を使いすぎです。

東大だと極端な例ですが、例えば、出世のために同僚を陥れたりする行動をする人は、人生が楽しいか聞いてみたくなります。会社の利益のために、身を粉にして働く人には、それが楽しいか問いかけてみたいです。

こうして考えると、楽しいかどうかというのは、人生の選択の基準(クライテリア)の一つとして、もっと重視されても良いのではないかと思います。それって楽しいの?という問いかけは、人がより良く生きる上で重要な視点かもしれません。

まとめ

シンプルに生きるためには、物事の優先度を明確にする必要があります。

さくは、楽しいかどうかという基準が、人生でもっと重視されるべきだと思います。なぜならば、人は楽しくないと、時として死んでしまうほど重要な問題だから。そんなことを考えてみました。いかがでしょうか。

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





他人と比較する勇気

どうもさくです。

ラッセルの「幸福論」によると、他人と比較することで不幸になるとのこと。確かに、他人と比較することは、必ず足りない部分を見つけてしまうことになり、嫉妬や劣等感など負の感情を生み出してしまう元になります。

こうした、他人と比較することのデメリットは多くの自己啓発本や仏教書にも書いてあり、比較しないことで幸福が得られるとする主張は真実のようにも感じられます。

比較は分析の基本

しかし、分析という観点から、比較は重要な手法です。

例えば、企業の財務分析をする場合。
基本的に安全性や成長性とは相対的なものです。必ず、過去、現在、未来という時間軸と、日本の競合他社、海外の競合他社という地域軸を使って比較します。

自分の立ち位置を理解する上で、何か物差しになるものが必要なのですが、そのものさしは、基本的に他者であることが重要です。


比較することのメリット

そもそも、凡人であるさくのような人間は、他人と比較しながら生きていかないと、自分の社会での立ち位置を把握することが難しいです。いつ、どんな時代でも、社会的価値観や習慣は相対的なものだからです。

例えば、今現在のものさしで測ったら、歴史上の偉人たちも、相当な悪人と言われる人たちばかりではないでしょうか。少なくとも、素行が良いとは全然言えません。それは、その時代で価値観が変わるからです。そして、さくのような凡人は、その時々の価値観に大いに影響されてしまい、中立的な立場に立つなどどいうことは絶対にできません。必ずバイアスがかかってしまいます。

日本人は、西洋的な考え方と違い、こうした相対的な価値観について馴染みがあります。仏教的と言っても良いでしょう。西洋のロゴス中心主義とは違い、絶対的な善のような考え方はありません。

だからこそ比べるのです。

問題は比較対象が間違っていること

問題は、その比較の仕方にあるのではないでしょうか?
近いものと比較しすぎなのです。

例えば、同僚との給料が5000円違うだけで、サラリーマンは大きな劣等感や優越感を感じてしまいます。しかし、例えばメジャーリーガーが10億円もらっていても、格差を感じません。

例えば、自分の会社の日本人のサラリーマン社長が1億円もらっていると、もらいすぎと思いますが、プロ経営者の外国人社長が10億円もらっていても仕方ないと諦められます。

人は、自分と近い存在に嫉妬するのです。

近隣諸国やご近所づきあいはモメがちですが、文化的にはご近所さんや近隣諸国の人々は近いはずです。

さくが提案したいのは、むしろ、どんどん比較して自分の立ち位置をもっと明確化してしまうという戦略です。

まずは横の比較。
自分が400万円の給料をもらっているとした場合、日本ではどれぐらいの位置にあるのだろうか。年齢的には、性別的には、どうだろうか。OECDではどれぐらいが平均だろうか。米国はどうだろうか。などなど。

こうして見ていくと、400万円の給料は、日本人中年男性としては、少し少ないけれども、世界人口的には上位で、先進国的には少ない、ということが分かります。また、平均で調べたけれども、中央値的にはどうだろうか。などなど。

次に時間的な比較。

1990年ぐらいから、この400万円という給料の立ち位置はあまり変わっていないことが分かる。ただ、実感として、1990年の400万円より苦しく感じるのはなぜだろう。実感は苦しく感じるのに、冷静に考えると、当時よりすべての生活用品は進化していて便利になっているのもわかる。

こうして、比較すると、同僚との1000円の給料の差など誤差に感じないでしょうか。

まとめ

今回は、比較をどんどんしようという内容でした。

人は比較することによってのみ、自分の立ち位置を明確化することができます。あくまでも自分の考えというのは、相対的なものにすぎません。

この時、比較する相手として自分の近い人ではなくて、地域の離れた人、時代の離れた人と比較したほうが良いと思います。そして、自分の立ち位置を理解すると、冷静に自分を受け止められて、納得感が得られるのではないでしょうか。

近い人と比較すると、心理的に負担感を感じます。比較するなら遠い人が良いでしょう。そして、比較することのメリットを十分に享受するのはいかがでしょうか?

今回はこんな感じです。

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村















大学に行く価値があるか 効率的な活用法を考える

どうもさくです。

前回、大学に行く価値を考えたとき、金銭的には意外とメリットがあるというお話をさせていただきました。



確かに、金銭面的にはコストパフォーマンスが非常に良いことはわかるのです。500万円で平均数千万円の投資リターンは非常に大きいし、その他の投資に比べると非常に効率が良いということが分かります。

しかし、もっと効率的にすることはできないでしょうか?

大学教育は非効率すぎる(義務教育もだけど)

大学進学は、金銭面的に優れた投資対象であることはわかりました。しかし、問題点も多くあります。サービス産業として、大学は本当に顧客に満足を与えるようなプログラムなのでしょうか?ただ単に、格差(大学に行けるというステータスが給与格差を作っている)を作るだけの機関になっていないだろうか。今回はその中でも、さくが重要だと思う二つの点を取り上げようと思います。

その1 本来の教育目的としては効率が悪すぎる
その2 時間を使いすぎる(昼間に時間を使いすぎ)

まずは、教育目的としての大学は、一部の人を除き効率が悪すぎるという問題があります。もちろん、一部の優秀な学生であれば、専門的知識を勝手に身に着けて、研究をするという意味で大学は優れた環境かもしれません。しかし、ほとんど99%の学生は、研究の前の学習の段階に過ぎません。こうした、一般の学生に対して、大学は十分なケアができているのでしょうか?特に、実務で必要としているスキルと、大学で教えているスキルがかけ離れていることが問題のように思います。社会が求めていないものを教え続けることに意味があるのでしょうか。

次に、時間を使いすぎているとも思います。特に、4年間もの期間の昼間のコアタイムを平日ほとんど占めることに意味があるのでしょうか?コロナ禍でオンライン授業がメインになっているという話ですが、そもそも知識を教えるだけの授業科目は、オンラインでいつでも視聴できるようにすれば、普通に働きながらでもほとんどの学部は卒業できるではないでしょうか。他人の時間を使っているという意識が大学側にどれぐらいあるのか疑問です。

もっと効率的に大学を利用する

さくが大学を卒業したのは、約20年も前なので、今はどうなのかわかりませんが、もしやり直せるならこんな風に活用したいというのを考えました。

ポイントは、学歴は学歴、スキルはスキルと割り切る戦略です。

・学歴を手に入れるために

まずは、理系が有利。でも、文系を敢えて選ぶという方法も。

というのも、ほとんどの文系の大学院は理系大学を卒業していても入学できます。以前書いた記事でも、大学院(修士)のコストパフォーマンスが良いということを述べています。修士をゆくゆく狙うのであれば、理系を選ぶというのは一つの選択肢ではないでしょうか?

ただし、一般的に文系大学は、理系大学よりも入学しやすく、入学してからの拘束時間が少ない傾向にあります。理系では入りにくいワンランク上の大学を選んでみるのも技術です。

逆に、大学卒という名目だけを取りにいくのであれば、通信制の安い大学が国内外にあるのでそれを利用するのも手段だと思います。

・スキルを手に入れるために

大学では手に入れにくいスキル。一般にはダブルスクールなど予備校に通うという手段があります。しかし、これらはお金がかかり効率的だと思えません。むしろ、お金を稼ぐほうが良いのではないでしょうか。

アルバイトを本格的にするというのも一つの手ですし、最近はクラウドで仕事を得る方法がたくさんあります。学生の頃から自分用の会社を作っておくというのも良いかもしれません。こうした、ビジネスという実学から学ぶ方がスキルは手に入りやすいですし、学校のもう一つのサービスである研究との相性も良いという効果もあります。最新の研究が身近にある環境で、ビジネスにも片足を置けるのは学生の特権かもしれません。

・コストを下げる

やはり、コストという面では国公立大学が良いでしょう。今までは、就職に必要な情報などは圧倒的に関東が有利でした。しかし、現在はネット環境の整備でオンライン面接も可能となっており、地方大学の価値も逆に上がるのではないでしょうか。

この他、通信制の安い大学に通えば、単純に大卒という学歴は手に入ります。夜学という手もあるでしょう。

まとめ

今回は、大学進学についてどうしたら効率的にサービスを得られるかについて考えてみました。(大学側から改革するということは無いという前提。)

ここでは、学歴という名前と本当に必要なスキルの学習の二つを分けて考えることで何かが見えてこないか検討しました。

方法はいろいろあると思いますが、学歴は学歴と割り切り、それを手に入れるためのコストを最小化しつつ、時間を有意義に使いスキルを手に入れるというのが主戦略になるのではと思います。こうした意味では、積極的なアルバイトや起業をするという選択が理に叶った選択の一つなのかなというのが、今のさくの考えです。

みなさんは、いかがでしょうか?

ではでは


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村






シンプルライフ実践編ーダイエット第5週目


セミリタイアランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

どうもさくです。

シンプルライフとして、ダイエットをシンプルに行ってます。1/4までのダイエット5週間の記録を残しておきます。

方法は、シンプルに、二つのみ

平日の昼食をおにぎり一つのみ。
コーヒーを無糖にする。
結果は
69.0。
スタート、70.1
第1週70.2
第2週69.5
第3週69.1
第3週68.9

なので、スタートから-1.1キロです。目標は、一日300キロカロリーで5週間で10500キロカロリーのダイエット。つまり、1.4キロ程度減っている予定でした。

なんということでしょう。停滞しています。むしろ増えています。困りました。もう少し様子を見ていきたいと思います。

ではでは


ギャラリー
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ