弱い男性

白雪姫、眠りの森の美女の王子はセクハラか?

どうもさくです。

大阪大学の牟田和恵教授が疑問提起をしている、白雪姫問題が話題になっている。

曰く、毒リンゴを食べて眠ってしまった白雪姫をキスで起こす王子はセクハラなのではないか、という問題提起。

牟田教授の意図がどこにあるのか正確にはわかりませんが、フェミニズムの観点からこうした童話などにも、知らず知らずのうちに女性差別の意識が植え付けられているということが言いたいのではないかと思います。

こうした表現についての難しいところ

さくは、白雪姫がセクハラかどうかを論ずるつもりはないです。仮に、東京の電車で同じことをした場合、セクハラというか犯罪になることは理解しています。それが、童話からも排除すべきかどうかは判断の分かれるところでしょう。

一方で、難しいと考えてしまうのは、少女漫画の壁ドンやいわゆるわがまま王子様キャラは、フェミニズム的にはどうなのか知りたいところです。

シンプルに、男女平等を貫くという意味では、こうした表現は、男性の性暴力を容認するような表現であり許容できないということになるでしょう。

一方で、性の自己決定の立場をとる場合、女性漫画家が書き、女性読者が喜ぶような表現は受容すべきであるという立場にもなるでしょう。

どちらになるのでしょうか。

フェミニストの立ち位置

多くのフェミニストたちの意見を見聞きすると、難しいところを感じる。

それは、フェミニストの目指すべき終着点がどこかというところにある。

一つは、機会平等。もう一つは、結果平等。そして、最後が女性優遇。にあるように思う。

機会平等とは、そもそも、教育を受ける機会や雇用の機会、育児、家事の分担の公平性を男女で同じにすること。そして、多くの男性が、ここをフェミニストが目指す男女平等だと勘違いしているように思う。

しかし、多くのフェミニストは、結果平等や女性優遇を目指しているのではないかと思う。

その論理は、同じ権利を有している以上、結果が平等であるべきだという意見。これは、フランスなどで見られる考え方で、議員候補の男女比などを定めたクオータ制などに見られる。特に、市議会議員の男女比や民間企業の取締役の男女比など厳しい制限がみられるのがフランスという国だ。

最後が、女性はそもそも弱い立場にあるから、優遇すべきだという論点もある。この場合、どこがゴールというのは難しいけれども、とにかく今よりももっと女性優遇すべきだという論調になりやすい考え方だ。

おそらく日本も結果平等が求められるようになる。

日本のジェンダーギャップ指数は、121位である。これは153か国中。もちろん、G7で断トツの最下位であり、日本が男女差別の国であるという事実は受け止めなければならない。

国際社会から見たときに、日本人男性は平均的に差別主義者であるということは、否定することができない。

とすると、未来を予測することは逆に簡単になる。日本は、少なくとも今よりも男女平等になる。そして、そのゴールは少なくとも機会平等は満たされる。それどころか、結果平等も今後10年で急速に広がっていき、格差が縮小する方向に動くだろう。

まとめ

どうも日本では、男女平等のスタンスが世界と離れているように思います。それが、良いかどうか、望ましいかどうかは、さくとしては興味の範囲外です。しかし、世界の潮流である男女間の結果平等につなげようとする圧力はかかり続けるだろう。

この時、議員の半分は女性になるし、会社役員の半分は女性になる。給与所得も、男女でほぼ同じになるであろう。(今も同じ役職ならば近い給与水準だとか思った方は、機会平等と結果平等の違いを理解していないかもしれない。)

10年では日本は変わらないと思うかもしれない。しかし、全体的な方向性はもう決まってしまっています。これからは、弱い男性は生き残れない時代になっていきます。

フェミニストが、その他のマイノリティについてあまり言及しないのは、当事者が権利を主張することが重要だと考えているからだと聞いたことがある。つまり、正義としての平等を目指しているのではなく、それぞれ権利を主張すべき人が、それぞれの権利を主張することが、良い社会を作るというような意味合いなのだろう。この場合、これからの世界の流れからすると、弱い男性は守られない存在になってしまう。

これからは、弱い男性の持つ本来の権利を主張していかなければならない時代になったのだと思います。

ではでは。








中年、男性、正社員という属性への逆風

どうもさくです。

さくは、ブログで、中年男性への逆風をどのように戦略的に和らげていくかという観点で書いていることが多いです。中年男性は、今後、さらなる逆風に晒されると考えられます。そして、これは構造的な要因なので避けられようがありません。今回は、こうした構造的要因について書いていこうと思います。

中年男性への構造的逆風

さくは、時代の大きな流れとして、以下の三点を重視しています。

その1、少子高齢化
その2、新自由主義(+IT)
その3、正しさの追求(ポリティカル・コレクトネス)

これらの流れは、過去数十年間、進んできたものではあります。
例えば、少子高齢化で言えば、1974年に合計特殊出生率が人口置換率である2.08を下回っており、問題点として指摘されています。新自由主義の出発点をどことするかは難しいですが、日本では1982年の中曽根内閣(国鉄、電電公社の民営化など)にその影響が強く表れています。ポリ・コレという意味では、例えば男女雇用機会均等法は1986年に施行されています。

そして、これらの流れが現在も続いており、今後もそうであると予想されるのです。

なぜ、中年男性への逆風となるか

まずは、少子高齢化。

これは、単純に、成長率を押し下げるだけでなく、社会保障税を押し上げる効果を持ちます。こうした、状況の中で、サラリーマンの可処分所得が上がることは無いでしょう。さらに、1970年代までは、合計特殊出生率が2を超えていました。ということは、今までの中年は、兄弟が1人もしくは、複数いた確率が高い状況でした。しかし、これから中年になる人々は、一人っ子の確率が非常に高く、かつ、地元に住んでいない人も多い状況です。これは、今までの中年男性よりも、介護問題が増大する可能性を表しています。

次に、新自由主義。

これは、いろいろな側面があるものの、自由貿易や国際競争という意味で、日本の中間層に強い影響を与えます。つまり、グローバルな競争は、グローバルな賃金同質化を進めるので、相対的に賃金の高い日本人中年男性への賃金低下圧力になります。これは、今までも言われてきたことではありますが、今後もこの流れが逆流することは、当面ないと思っていた方が良いでしょう。

最後に、正しさの追求です。

これは、正しさが何であるかの議論はあるものの、グローバルな流れとして、ポリティカル・コレクトネスやSDG.sが求められる時代になっているということです。そして、こうした流れは、社会全体を良くするという方向性に向かっていくものの、中年男性にとっては逆風となりえる現象でもあります。なぜならば、いわゆる中年男性は既得権益側の立場であったからです。特に、女性の社会進出と経済的な自立は、一方で、守られない「弱い男性」問題を生み出します。例えば、グローバルに結婚できない男性という存在が増えてきており、社会問題となりつつあります。しかし、こうした「弱い男性」は、ポリティカルコレクトネスで救済の対象となるような、社会正義の対象としては現在見做されていません。


まとめ

こうした、構造的な変化は、個人への影響が不可避である一方で、その影響力が多大でもあります。このため、こうした環境の変化に合わせて、生き方を変えていかないといけないと、さくは考えています。

中年男性にとって逆風となる環境で、どのように変化していけば、より良く暮らしていけるのかという戦略を今後も考えていきたいと思います。

ではでは。


セミリタイアランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村








ギャラリー
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ